トレーニング事例

疲れにくい身体づくり

目的

疲れにくい身体をつくりたい。

内容

疲れにくい身体をつくるために、運動習慣を一から見直しました。姿勢矯正や有酸素運動、下半身を中心とした筋トレを組み合わせ、正しい身体の使い方を指導。栄養の取り方などの食事指導も実施しました。