ブログ

効率良く脂肪燃焼をするには?

効率良く脂肪燃焼をするには?

有酸素運動?無酸素運動?効率良く脂肪燃焼する方法

私達の身体は、「水、筋肉、脂肪」の3つで構成されています。
そのなかで、脂肪は一般的には「太る」という悪いイメージが浮かびますが、
実は、エネルギーの貯蔵や内臓の保護といった生命活動には欠かせないものなのです!

今日はその「脂肪」について、知識を深めていきましょう★

人間の体の約20%前後を占める脂肪は、

皮下脂肪
内臓脂肪

の2種類があり、それぞれつく場所や原因、どんな働きをするのかが異なります。

【皮下脂肪】
脂肪の大半を占めるのは”皮下脂肪” <皮膚のすぐ下・体の表面近く>
※男性よりも女性の方が蓄積されやすいタイプの脂肪
→運動不足や食べ過ぎが原因で皮下脂肪がつくことが多く、一度ついてしまうとなかなか落ちない。
部位:皮下脂肪は全身のあらゆる場所につき全身をふっくらさせる脂肪
   下半身部太りと言われるような部位のおしり、太ももなど

【内臓脂肪】
<お腹周辺にある内臓についた脂肪>
※大人の男性に多く、短期間で付きやすいが落ちるのも早い
→食生活の乱れから増えていき、食べ過ぎや飲み過ぎ、喫煙などが主な原因
部位:おなか周辺 (ぽっこりおなか)
 

普段、身体はエネルギーを作るために自然と脂肪を燃焼しています。
ではさらに効率よく脂肪を燃焼させるようにはどうしたらよいでしょうか?

まずは自分に多くついている脂肪はどちらのタイプなのかを見分けることが重要です。
皮下脂肪、内臓脂肪、あたなはどちらのタイプになりますか?


次回は脂肪別に、「効率的に脂肪を燃焼する方法」を伝授いたします☝