ブログ

痩せやすい人は「体温」が高い!

痩せやすい人は「体温」が高い!

痩せやすい人は「体温」が高い!平均体温を上げよう!

日本人の平均体温は、36.6℃から37.2℃といわれています。
これを大きく下回る平熱が低いといわれていますが、
一般的には平熱で36度を下回る場合に平熱が低い、低体温といわれます。


平熱が低いとどうなるでしょう?

■免疫力が下がる

■肩こり、頭痛、腰痛、生理痛、不眠の原因になる

■痩せにくい

そこで、体温を上げる”温活”習慣をご紹介します。

①運動をする
筋肉量の低下により、低体温になることが多いのです。
そして、有酸素運動よりも筋肉を大きくするための無酸素運動の方がオススメです
さらに、寝る20~30分前にストレッチも効果的ですよ


②お風呂に入る
湯ぶねにしっかりつかることで代謝が上がり、血行がUP。
さらに肌ツヤもよくなり、肩こりなども軽くなります


③朝起きたら白湯を飲む
白湯を1杯のむことで、内臓から一気に温めることで、体温も上昇してきます


④温かい飲み物を飲む
冷たい飲み物は内臓を冷やすので、基本的に温かい飲み物がおすすめです


⑤睡眠をとる
睡眠不足になると、自律神経が乱れてしまい、
この自律神経のバランスが崩れると体温調節に乱れがでて低体温の原因になります
寝る前のスマホやPCを見る時間を減らすことも大事です




いかがでしたでしょうか?

温活は体の外側だけでなく、内側からも温めることが大事です。
「低体温」を脱出すれば代謝が上がり、免疫力や自律神経に作用して、疲れにくく、やせやすい体になります。

体を温めるための”温活”を習慣にして、疲れやすい体を改善していきましょう!