ブログ

梅雨に気を付けること

梅雨に気を付けること

じめじめとした時季の「梅雨」。
なんとなく身体が重い・・・だるい・・・やる気が起きない・・など感じたことはありませんか?
また、この時季によく聞きますが、「頭痛」に悩まされるひとも、少なくないのではないでしょうか?

梅雨は湿度が高く夏と比べると気温も高くないため、汗が蒸発しづらく、体温が体の中にこもってしまいます。
体の水分が不足してしまうと、脳に向かう血液の量が少なくなるため、頭痛を引き起こす原因といわれています。

梅雨によくある体調不良に、
・むくみ
・食欲不振
・便秘、下痢
・だるさ、倦怠感
・不眠
などがあります。

不安定な天気の影響で、体も心も、いつもとは異なり、不調な症状がでてしまいがちです。
この時季をうまく乗り越えるためには、

①適度な運動
→ストレッチやウォーキングなど
 有酸素運動・無酸素運動を取り入れると良いです

②日光を浴びる
→天気が悪くても、朝起きたらカーテンを全開にして室内にできるだけ光を入れて、明るくしましょう。
 気分も落ち込みがちになりますが、明るさで体が「朝だ!」と認識します。

③お風呂につかる
→ぬるめのお湯にゆっくり浸かることで、副交感神経が優位になりリラックス効果が得られます。
※長風呂や高温での入浴は交感神経優位になり逆効果となってしまうので、注意してください!

④睡眠をとる
→就寝前に蒸しタオルやホットアイマスクなどで目元を温めることも良いです。
気持ちがリラックスすることで副交感神経が優位になり、睡眠の質も良くなります。


どんよりした気持ちのまま過ごしてももったいないですよね。
対処法をうまく取り入れて、梅雨に負けない身体をつくりましょう!